2009年 06月 25日
森林浴・シチダンカとシーボルト
c0179025_12512199.jpg

       シチダンカ
       神戸にまつわる紫陽花の話の中に「幻の花」といわれる花で、
       飾り花が内側に行くほどに小さく星形に重なり合って、とても美しい花です。
       このシチダンカは、江戸時代に長崎にやってきたシーボルトが、オランダに帰国してから書いた、
       「フローラ・ヤポニカ」(日本植物誌)という本の中で紹介していたそうですが
       その後、日本人の誰もその実物を見た事がなかったらしくて、昭和34年(1959年)、
       当時六甲山小学校に勤めていた荒木慶治さんという方が、六甲ケーブルの沿線で発見し、
       室井博士によってシチダンカである事が確認されたそうです。

       シーボルト以来、130年あまりも「幻の花」だったのですね~、シチダンカって…。

c0179025_13103286.jpg

シーボルト
19世紀中頃、オランダ政府から長崎に派遣された医師で、
日本に近代的な医学を伝えた人としても有名です。
  



☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆

応援の1クリックも…
ポチっと押して頂けたら嬉しいです(*゚ー゚*)                                                    
              
     にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]

by triton1201 | 2009-06-25 14:36 | 出逢った風景


<< 森林浴・可愛いアジサイ達      森林浴・木霊 >>