2009年 09月 07日
朝の悲劇… (ノ◇≦。)
c0179025_13182914.jpg

     ピピ、ピピ… ピピピ…
     アラームが鳴り、目覚めた私…。
     前夜の楽しかったライブを想い出して暫くぼんやりとベッドの上でまどろむ…

     ってのが希望だったのだけれど…
     現実は… 現実は… そんなに甘いものではなかった(>_<)

     じゃ、現実はどうだったのよ!?
     はい! こうでした…(ノ◇≦。)

     ピピ、ピピ… ピピピ…
     アラームが鳴り、目覚めた私…。
     アラームを止めようと時計を手に取ると…

     エーーーーーー!!! Σ(・ω・ノ)ノ!
     じゅにじごじゅうはちふんーーーーーー!!!
     ベットから飛び起きる私。

     え? うそやん、私、アラーム、7時に合わせたはず・・・
     わ、わ、わ… 遅刻だ!! 電話しなくっちゃ!! 約束は・・・ 
     あり? 何時だったっけ…???
     あれ? 私の携帯はどこへいった?
     わ! って事はチェックアウトタイム過ぎてる~(>_<)

     え? もしかして私どうにかなってるかもって、マスターキーでドアを開けられる?
     わぉ~! 大変だ! 私、お化粧してない!! 部屋の中も片付けてないし…
     あ、いや、そんな場合ではない、落ちつけ、とにかく落ち着かないと…

     これだけの事が何十秒かの間に私の頭の中を駆け巡りました。

     とにかく約束の時間に遅れるのは間違いないので電話しなくては…
     そう思って携帯を探すのですが、 携帯がない…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

     あ、そうだ… フロント…。

     『○○○号室ですが… かなり寝坊をしてしまって… 
      すみませんが、チェックアウトを延ばして頂けないでしょうか?
      勿論、追加料金はお支払いいたしますので…』
     
     『かしこまりました、で何時頃まで…・』
     『そ、そうですね… 今から1時間あれば何とかなるかな? じゃ取り敢えず14時頃まで…』

     『お客様…? 当ホテルのチェックアウトは11時でございますので
      まだお時間の余裕は十分にございますが… 』
     『え? 今、何ておっしゃいましたか? お時間に余裕って…? 
      あの、変な事を伺いますが… 今、何時ですか?』
 
     『はい! え~っと、ただ今7時20分でございます』
     『えーーー!? ななじにじゅっぷん!?』
     『はい、さようでございますが…』

     『ウソでしょ? 部屋の時計、今、13時過ぎですが…』
     『は? 何かのお間違いでは…』

     間違いではないです!!
     だって、片手に時計を持ったまま電話かけたんだもの。。。

     前夜私はこの目で2時15分を指しているのを見て眠ったんだし、
     現に、その目覚まし時計は13時回った所を指していました。

     どうやら、時計が壊れていたみたいです(ノ◇≦。)
     前夜確認した2時15分というのは、
     それまでの時間の流れからして間違っていなかったはず。
     私が眠っている間に壊れたのかもしれない?
     でも… なら針が後退してるのは何故?

     そんなの解らないけれど、とにかく寝坊したのではなくてホッとした。
     ホッとしたら今度はめまいが…(>_<)

     寝起きにいきなりベッドから飛び降りたので、血圧がどうにかなっていたのな?
     それなのに、一度に色んな事を考え過ぎたから余計フラフラになったようです。
     カッコ悪~い(>_<)

     それにしても大変な目覚めでした(ーー;)
     それからお水を飲んで少し落ち着いてから朝食を食べに行き、シャワー。
     やっと落ち着いた私です。

     と、メールが…
     『今日、12時、いつものお店でいいですか? 聡には僕が連絡入れておくから…』

     あ、そうだった! 約束の時間は、朝、連絡をもらう事になってたんだ(≧▽≦)
c0179025_13575722.jpg

     で、お昼を食べながら朝の出来事を話す私。
     思いっきり笑われると思っていたら…
     二人とも、随分心配してくれました^^

     『災難だったよね~。 でも何もなくて良かった。 
      でも後でその時計の件はフロントに連絡しておく方が良いよ』との事。

     でないと、私のような悲劇が又起きるからって…。
     確かに… そうですよね。

     でも、それ以前に、あれだけのリゾートホテルに「目覚まし時計」はあり得ないよね~。
     って、話はそっちの方向へ(笑)

     その日私が宿泊したのは、4月とは違って、普通のシングル。
     このホテルからは(ラグナ程ではないけれど…)
     「海を眺める」ってのは期待出来ないって気付いたので、(あくまでも私個人の意見です)
     高層階も、眺望も必要ない部屋を予約しました。
     そしたら… パネルに埋め込まれたclockではなく、『目覚まし時計』だったって訳です。

     でも、その事を除けば他には何の問題もなく、 部屋はとても清潔で快適だし、
     お洒落なスパも無料で利用できる。 
     何より私の行きたい所には至近距離だし、この次もライブの時は、このホテルにリザーブする予定。 
     私のキャリーバックにはあの後直ぐに買った「デジタルアラーム」入れてるし~(≧▽≦)
c0179025_1419021.jpg


☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆

ランキングに参加しています。一日一回、応援の1クリック…
ポチっと押して頂けたら嬉しいです(*゚ー゚*)                                                    
              
     にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]

by triton1201 | 2009-09-07 14:46 | 出逢った風景(沖縄)


<< 宮古から伊良部へ…      Tommy's bir... >>