2009年 10月 10日
緑御殿と今橋
c0179025_21344279.jpg

有燐荘
大原孫三郎氏が奥様の為に建てた別邸。
屋根瓦は独特な釉薬を使用して焼いたものだそうで、黄緑色にキラキラと輝いて見えるので、
「緑御殿」と呼ばれています。
オレンジ色の外壁とのコントラストが素晴らしくて、いつ行っても独特の雰囲気を醸し出しています。

c0179025_21134036.jpg

今橋
倉敷川の西端にあるこの橋、大正15年(1926年)後の昭和天皇の行啓に合わせて架けられた橋だそうで、
竜を彫った凝った造りのこの欄干のデザインは、大原美術館の絵画を収集した児島虎次郎。
当時の公務員の初任給が数十円の時代に、建設費は一万六千円もかかったそうです。

c0179025_21442254.jpg

倉敷川の柳越しに美術館を眺めながら歩いていると、
倉敷考古館の前、中橋のたもとでは人力車が…^^

c0179025_2146544.jpg

倉敷川沿い美観地区やアイビースクエア等を案内して下さるそうです^^
(私達は乗らなかったけど…笑)

c0179025_22101673.jpg


☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆

ランキングに参加しています。一日一回、応援の1クリック…
ポチっと押して頂けたら嬉しいです(*゚ー゚*)                                                    
              
     にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]

by triton1201 | 2009-10-10 21:56 | 出逢った風景


<< 倉敷考古館~本町通り      似顔絵描きのおじさん^^ >>