2009年 12月 08日
黒部平→黒部ダム
     黒部平
     ここは、黒部ケーブルカーへの乗り継ぎの駅。
     駅前周辺(と言っても、1828mですがね…笑)には黒部平庭園があり、
     そこからは、立山連峰や、後立山連峰、深い谷になった黒部渓谷等を眺める事が出来ます。
     庭園の一角には、高山植物が植えられていて、夏には可愛い花を咲かせています。
     そして、この石碑の脇には黒部の湧水が湧き出ているので、飲む事が出来ますよん♪
c0179025_1251117.jpg
黒部平駅から、黒部ケーブルカーに乗り、標高差400mを、約5分で黒部ダム駅へ…

     
     黒部ケーブルカー
     日本ではここにだけしかない「全線地下式」のケーブルカーです。
     自然景観保護と、豪雪による被害防止の為に、このような地下式が採用されたそうです。
     でも~、このケーブルカーの車内の勾配というか、前後(上下?)の段差幅が凄~い(>_<)
c0179025_17471968.jpg
黒部湖
c0179025_17483122.jpg

     黒部ダム
     北アルプス・立山連峰と、後立山連峰の間を流れる黒部川の渓谷に建設されたダムで…
     高さ186メートル、長さ492m、落差545m、総貯水量2億㎥の、アーチ式ドーム越流型ダム。
     昭和31年、高度経済成長期の電力不足を補う為に、関西電力が着手し、
     約7年の歳月と、延べ1000万人もの人手をかけて完成。
     
     6月26日~10月15日までは観光放水をやっています。
     観光放水の迫力は凄いもので、いつ行っても、その上には綺麗な虹が架かっていました。
     今回は既に観光放水は終わっていたのですが…
     通常放水でもこんな感じ… 観光放水はこの何倍もの迫力があります。
c0179025_18213734.jpg

この放水と、ダムやダム湖をとてもよく見渡せる展望台があるのですが…

c0179025_19455716.jpg

展望台の遠景(画面の中央やや左)

c0179025_19484859.jpg

こ~んなふうに、凄い階段を登って行かないとダメなんです(>_<)
高所恐怖症の方にはちょっと勇気がいるかも?です。 少し時間もかかるし…
ただ、階段の幅は大人二人が並んでも、まだ余裕があるので、思う程怖くはないかと…

でも、私は最初に行った時の一度だけで、も~、じゅ~ぶん満足したので(笑)
それ以降は、下のレストハウスで、ソフトクリーム休憩する事に決めています(≧▽≦)


     黒部ダムは、関西電力の黒部川第4発電所ダムがある事から、「くろよんダム」とも呼ばれています。
     このダムの建設は、「世紀の大事業」「世紀の難工事」等と言われていたそうです。
     この壮大なプロジェクトを、僅か7年で完成させるとは…!! 凄い!!!
     
     その黒部ダム建設の苦闘を描いた映画が、歴史的名作黒部の太陽
     最初は映画で、石原裕次郎、三船敏郎が…(見てないけど…)
     次に、テレビで神田正輝、中村獅童が… 
     そして、一番新しいのは、今年3月に香取慎吾、小林薫でテレビ放送されていましたよね~♪
     このストーリーは、感動ものです!!
     まだご覧になっていない方がいらしゃったら…、DVDなどで、是非ご覧になる事をお勧めします。
     絶対に感動するし、行ってみたくなるはずですよ~(o^-')b

     あ!そうそう…
     このダム(発電所)の建設について、NHKのプロジェクトXで取り上げられた事があったので、
     何年か前の紅白歌合戦、中島みゆきが、この発電所に隣接する駅のトンネル内で、
     番組の主題歌、「地上の星」を歌ってましたね~♪
     (因みに… 一般の人はあの場所へ入る事は出来ません)
c0179025_18394037.jpg
トロリーバス
c0179025_18401055.jpg

     関電トンネルトロリーバス
     立山トンネルトロリーバスとはちょっと外観が違うでしょ?
     あちらは、立山黒部貫光(←文字間違いではありません…笑)が運営。
     写真のバス、関西の方なら上の方の写真を見れば、一目でわかると思いますが(笑)
     関西電力が運営しています。

     黒部ダム駅から、立山黒部アルペンルートの終着駅扇沢駅までを結びます(富山スタートの場合)
     全長、6.1㎞。  途中、トンネル内で富山県と長野県との県境を越えるのですが、
     平均10度、最大13度の急勾配のこのトンネル内は夏でも気温10℃前後という話です。
     でも私はバスから降りた訳ではないので解りませ~ん(≧▽≦)

     黒部ダムが世紀の難工事と呼ばれた理由の一つに、このトンネルがあります。
     元々資材を運ぶ為のトンネルだったのですが、たくさんの破砕帯があり、
     何度も何度も出水しては工事の進行を遅らせたのだそうです。

     立山トロリーバスの時には紹介できなかった、トロリーバスの架線の様子、
     これで少し、解ってもらえるかな~? 

     さてさて…
     何となくモノクロームな世界(笑)の、立山黒部アルペンルートのお話はこれでおしまいで~す^^
     この後は宿泊先の、くろよんロイヤルホテルへ…^^
     空気が澄んでいるので、早朝の散歩はとても気持ちが良かったです♪

     で、次は信州の紅葉、そして松本の景色などを少しだけ…^^
     お時間あれば、又、続いてご覧いただけたら嬉しいです。


☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆

ランキングに参加しています。一日一回、応援の1クリック…
ポチっと押して頂けたら嬉しいです(*゚ー゚*)                                                    
              
     にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


    
[PR]

by triton1201 | 2009-12-08 19:11 | 信州


<< くろよんロイヤルホテル      アコークロ―の空 >>