2010年 03月 31日
本宮・鶴岡八幡宮
本宮(上宮)
鶴岡八幡宮の本宮は、鮮やかな朱色と、細かな浮き彫り等の装飾が印象的な神社で、
応神天皇(おうじんてんのう)・比売神(ひめがみ)・神功皇后(じんぐうこうごう)をお祀りしています。

で、この、本宮の前にある楼門、鶴岡八幡宮へ行かれた方は既にお気付きと思いますが…

c0179025_21502762.jpg

「八幡宮」の「八」の字が、ハトのモチーフなんです~(≧▽≦)
八幡宮では、ハトは神聖な神の遣いとされているのだそうです^^

c0179025_22192437.jpg

屋根には、水を表す、「巴紋」がたくさん並んでいますが、
これは、火除けの意味だそうです。
奈良や京都の塔の上には、水煙と言うのがあるのですが、それと同じ意味合いなんでしょうね~^^

そして…
楼門の左右には門を守る随身像があるのですが…

c0179025_2225853.jpg

向かって左側の像は、口を開いています

c0179025_2234726.jpg

向かって右側の像は、口を閉じています
(後の木が写り込んで見辛くてすみませんo(_ _*)o)

同じような門で、奈良の東大寺・南大門の金剛力士像を見慣れている私、
そう言うのが普通なんだと思っていたので、初めてこのお二人(?)の姿を見た時には、ビックリ~!!でした。
え? 神社とお寺は違うって?(≧▽≦)

c0179025_2227358.jpg

奥の廻廊には、宝物殿があるのですが、この中には、考古資料や御神輿、武具等が展示されていました。


☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆

ランキングに参加しています。一日一回、応援の1クリック…
ポチっと押して頂けたら嬉しいです(*゚ー゚*)                                                    

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

[PR]

by triton1201 | 2010-03-31 22:39 | 出逢った風景


<< 舞殿・鶴岡八幡宮      鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう) >>