2010年 06月 26日
河童橋から明神へ…
c0179025_1924417.jpg

     河童橋から明神池を目指すコースは、2つありますが、それぞれ全く異なる雰囲気です^^
     ガイドブック等によく書かれている「お勧めコース」は…
     「左岸を抜けて明神池まで… そして右岸から河童橋へ戻る」です。

     このお勧めコースというは…

     小梨平と呼ばれるカラマツの人工林や、シナノキやイチイ等の針葉樹の森を抜けて明神池まで。  
     そして、復路は梓川右岸に敷かれた木道を焼岳を眺めつつ河童橋まで戻る…です。 
     ま、どっちにしても出発とゴールは同じなのですが…
          
     「お勧め」の理由は…
     このルートの方が、「もれなく」素晴らしい景観を眺める事が出来るって事と、疲労の度合いかな?

     左岸スタートだと、明神岳を良い感じで眺めながら進んで行けるし、
     右岸よりはアップダウンが少ないので、登りでの疲労が少ない。  
     そして、右岸を戻りる際には、アップダウンとは言っても下りだし、焼岳を眺めながら歩ける。

     この逆を進むと、明神岳も焼岳も振り返らないと見えないって事になります。。。
         
     でも今回の私は…
     「お勧めコース」に逆らって、右岸ルートからスタート。     
     あ、これって私が天の邪鬼な性格だって訳ではなく、理由あるのですよん^^
     まぁ、私の場合おすすめコースを何度も歩いているって事もあるのですが…
 
     一番の理由は「天候」でした。
     最初の方に書いたように、ホテルに到着した時の天気予報は、「夕方、早い時間から雨」

     今回は写真を撮りたいって事もあったので、
     雨に降られた場合、あまり悔いを残さず(オーバーか?笑)引き返す為には右岸から…だったのです。
     ま、結果としては、天気予報は思いっきり外れ、雨など一滴も降らなかったのですけどね(≧▽≦)

c0179025_0353168.jpg

って事で、河童橋で休憩した後、私は右岸道をスタートしたのでした^^



☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆



 
[PR]

by triton1201 | 2010-06-26 20:42 | 信州


<< 右岸道を行く…^^      アルプス一万尺、河童橋は五千尺… >>