2010年 07月 29日
焼岳 sanpo
c0179025_11545874.jpg

焼岳

標高2,455mの山で、日本百名山のひとつでもあります。
飛騨山脈の中では最も活動の激しい活火山で、最近では1995年に水蒸気爆発を起こしています。
この焼岳の噴火が元で大正池が出来たのですが…
現在もなお土砂が流出している為、
大正池の大きさは噴火当時に比べると10分の1ほどになってしまっているとか…
今回、15年ぶりくらいで上高地へ来たのですが…
確かに… 前回来た時と随分大正池の景観は違っていました。

c0179025_1272944.jpg

大正池が小さくなっているのと同じように…
やはり水面から突き出ている、水没した森の名残の立ち枯れた木の様子も変わっていました。
昔は池の水も多かったし、同時に立ち枯れ木の本数ももっとあったのになぁ~。。。

でも、こうして大正池の前から眺める焼岳の勇壮さは、今も昔も変わらずにいてくれました。
特に早朝… 清々しい空気の中で見る焼岳はいつ見ても感動モノです(*^^)v



☆お立ち寄り下さって、ありがとうございました☆



[PR]

by triton1201 | 2010-07-29 14:18 | 信州


<< 梓川の河原から眺める焼岳      中千状沢の押し出し >>